• HOME
  • BLOG
  • COLUMN
  • オーガナイザーが語る ROOM の3年間とは。-「カッコイイ」を「カルチャー」に-

オーガナイザーが語る ROOM の3年間とは。-「カッコイイ」を「カルチャー」に-

COLUMN

今日は、ROOMのオーガナイザーである

深沢 真也 氏

ROOMについてのインタビューをしました!

彼は何故、ROOMというイベントを作ったのか··

ROOMへの思いは··? など

彼の心の内を探ってみたいと思います!

 

“1から新しい大阪のカルチャーを発信できるイベント”を

 

 

 

 

 

まず、ROOMを始めた経緯を教えてください。

 

深沢:

僕は元々、東京で5年程クラブを中心に

いろんなパーティーのオーガナイズをしてきました。

大箱から小箱と様々な場所で主催をしていたのですが、幾度と繰り返ししているうちに

同じことの繰り返しで、ただ友達が増えていくだけ

主催をしている僕自身がワクワクするようなことがなくなり

煙たいフロアでお酒を飲んでなんとなく一晩終える··といったことの繰り返しでした。

そんな時、就職で大阪に来ることになり

こっちのクラブカルチャーに触れるようになりました。

が、特に東京との変化はなく、面白いものはここにはないと思いました。

丁度その頃、東京でお世話になっていた先輩の紹介もあって

「大阪で何かやらないか」

と声をかけていただき、今はなきオンジェムで

既存のレギュラーパーティーをもたせていただく事になりました。

その後、オンジェムから

 

「一緒に1から新しい大阪のカルチャーを発信できるイベントを一緒に作らないか」

 

とお話がきまして、気持ちを引き締めゼロから新しいものを作りそれを沢山の人達に

共感してもらう事を目標に、新しいイベントを作ろうと決めたのがきっかけです。

居心地よく過ごす場所でもあり

コーディネート次第ではガラッと雰囲気を変えられる···

その部屋の住人も来客者も双方が楽しいと思える空間を作り

そこに新しい価値を見出せればいいなと思い、“ ROOM ”と名付けました!

NEXT/”かっこいい”を”楽しい”に変えること
続きを読む
1 / 3

Pick Up

関連記事