• HOME
  • BLOG
  • COLUMN
  • オーガナイザーが語る ROOM の3年間とは。-「カッコイイ」を「カルチャー」に-

オーガナイザーが語る ROOM の3年間とは。-「カッコイイ」を「カルチャー」に-

COLUMN

必要ないから必要。”かっこよさ”が生み出すカルチャーとは

 

 

 

 

 

 

 

なるほど~! では、ROOMを始めた時と

今で変わったこと·変わらないことはなんですか?

 

深沢:

変わったことと言えば、まず大変ありがたいことに

ROOMに来ていただけるお客様が格段に増えたことですね!

そして、当初5名で運営してきたのが

今では総勢50名程のメンバーがROOMを支えてくれています。

そのおかげで、様々なイズムが交差するようになり

お客様へお届けするコンテンツが本当に多岐に渡るようになり

よりクロスオーバーしたものになりました。

 

変わらないことと、というか

大事にしていることは

 

· 新たなカルチャーを作り上げること

· 付加価値の最大化

· クロスオーバーすること

· 提案し続けること

 

の4つですね。

 

たくさんのお客様に全力で楽しんでいただき

その中で自分達の「格好良い」を織り交ぜていくことで

新しいカルチャーを作り上げ

生活になくてもいい「デザイン性」という付加価値

僕らのつくるコンテンツを通じて発信し

新たな価値を生み出すこと。

ROOMだったら

音楽もファッションも、ワークショップも楽しめるし

美味しいご飯だって食べられる、みたいな

あらゆるジャンルの点を線で結び、お客様にとって

「面白い!!」と感じていただけるような空間を

軸となるコンセプトを掲げて作り上げること

そして

誰かが面白いと思うことを

「発信し続ける」こと

それらをこれからも大事にしたいと思っています。

 

◼︎さすが、すごいしっかり考えているんですね!

   では、今回のROOMについて教えてください!

 

NEXT/3周年だからこそ、”原点回帰”
続きを読む
2 / 3

Pick Up

関連記事