【アフレポ】COCKTAIL ROOMを振り返る、それぞれの楽しみ方を体験してみて感じたこと【12/16 開催】

COLUMN

12月16日、大阪・アメリカ村にある、サンボウル・心斎橋で開催された

『COCKTAIL ROOM』

ROOMの1部屋であるコンテンツで、ROOMBASEに引き続き単独開催となった、今回のCOCKTAIL ROOM。

ROOMらしいクロスオーバーなコンテンツに加えて、COCKTAIL ROOMならではの特徴も発見したので早速レポートしたい。

 

「ボウリング場」という空間が生み出す、今までにはないコミュニケーション

今回開催されたサンボウルは、名前の通りいくつものレーンから成るボウリング場だ。

ボウリング場といえば気の知れたグループでゲームを楽しむものだが、ボウリングを楽しむ人だけでなく、

それを周りでみている他のお客さんたちもそれを見ながらの会話や笑顔を見ることが多かった。

DJの音楽だけでなく、ボウリングをプレイする人たちの盛り上がりすらも、空間を演出する一つのスパイスのように感じ、

今まで感じたことのないワクワク感の溢れる会場の雰囲気に、自然と音楽に乗ってしまうような楽しさがあった。

さらにROOMの空間演出によって、まるで50年代にタイムスリップをしたかのようなライトの演出で、さらに気持ちが高揚する。

もともとある空間すらもROOM色に変えてしまい、非日常を体験できるのが

ROOMというイベントがいつも新鮮さを与えてくれる理由だろう。

 

 

NEXT…ミュージックビデオに参加?!前代未聞のコーナーとは?

 

ミュージックビデオをお客さんが作る? 前代未聞のコーナー

ゲストであるManhole New Worldの代表曲『Dinosaur』の、ミュージックビデオ撮影も兼ねて開催されたCOCKTAIL ROOM。

会場に来たお客さんがその曲をiPadで聞き、そこから感じる世界観や歌詞の内容を、自分なりに想像して絵にするという特設コーナーが会場に設置されており、

多くのお客さんがペンを片手に絵を描いている様子が、とても音楽イベントとは思えない印象を受けた。

しかし、他の人が書いた作品を見て楽しんだり、友達同士で見せ合い盛り上がったりと、個性豊かな作品が生まれていた。

実際に『Dinosaur』を聞いてみると「これ!」という世界観を表現するのが難しいため、書く人によって全く違う印象になるのが面白く、なんども書き直す人もおり、

お客さんとお客さん、お客さんとゲストアーティストが生み出す盛り上がりはROOMならではといったところ。

 

NEXT… 写真で振り返る、『それぞれの』楽しみ方

 

聴く・食べる・買う。みんなの楽しみ方を発見できるCOCKTAIL ROOM

ROOMの特徴でもある、音楽・フード・ショップの充実。

一つの場所に固まるのではなく、自分の場所で楽しむことができる。

 

音楽はフロアの雰囲気を盛り上げ、友達との楽しいを演出するDJたち

シークレットゲストとして、魅力的なパフォーマンスを見せた ”Opus Inn”

ゲストアーティストの “Manhole New World”

フードでは “THE BAR” が展開する “ZIPANGU ONIGIRI” のオリジナルおにぎりや

“CHANMIN KITCHEN” が作る鯖サンドでお腹を満たし、

“NUTTY” が展開する50’sをイメージしたヴィンテージクローズのPOP UPショップ

そして、”THE FLAVOR DESIGN” のオリジナルファブリックミストのオーダー販売など

その時の気分にあった楽しみ方を発見できたCOCKTAIL ROOM。

 

日頃、深夜のイベントや音楽フェスなどに行かない人や苦手意識のある人でも

お祭りに遊びに行く感覚で楽しめるのがROOMのイベント。

今後のイベントを楽しみにしながら、新年を迎えよう。

 

ROOM:Instagram

Manhole New World:Twitter

Opus Inn:Instagram

NUTTY Vintage Clothing & Collective:Instagram

THE FLAVOR DESIGN:Instagram

THE BAR/:Instagram

ZIPANGU ONIGIRI:Instagram

CHANMIN KITCHEN:Instagram

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pick Up

関連記事